基本事項/履歴書の書き方

履歴書は応募者の人生の足跡です。どんな人柄で、どのような環境で育ってきて、どのような価値観をもっているか、そして本当にうちの会社に適した人物なのかなど、採用側は履歴書から、あなたの人生の足跡を読み取ります。

履歴書を書く際には、採用側の立場になってみて、好印象を与えられるような書き方を心がけることが大切です。

学歴欄には最終学歴のみを記す人もいますが、これでは足跡がわかりません。子供時代をどこで過ごし、どのような学生生活を送ってきたのかを伝える意味でも、学歴は小学校卒業の時点から書いたほうがよいでしょう。

職歴欄については、通常は正社員としての勤務の場合のみ記入しますが、まだ職歴の浅い場合には、アルバイト経験なども含めて記入したほうがよいでしょう。その際は、必ず「アルバイトとして」の一言を書き加えておきます。

趣味・特技の欄は、特にないという人でも必ず何か記入しておきましょう。一般的なありきたりな内容を書く必要はありません。自己アピールの意味でも、あなたにしかできないというものを何か記入しましょう。

たとえば「人の顔と名前をすぐ覚えられる」などといった能力は、十分立派な特技です。書く際には、「読書」「映画鑑賞」のように、ただ単語を書くだけでなく、具体的な内容も書き添えるようにしましょう。


Copyright (C) 履歴書の書き方・サンプル資料室. All Rights Reserved.