学歴、職歴の書き方

学歴の書き方

まずは一番上の行に「学歴」と記入して書き出します。「学歴」という文字は、記入欄の中央に、「学  歴」と2文字分くらい空けて書きます。その下に書き込む学校名などよりも少し大きめに書き、メリハリをつけます。

年月は、昭和、平成などの年号で書きます。「年号」と「年」の欄が別になっていない場合も、「年」の欄に「平成○年」と年号も一緒に書きます。年号は最初だけ書いて、あとは省略などとはせずに、各行それぞれ省略することなく「平成○年」と書きましょう。

学歴は、小・中学校は卒業だけを記入し、高校・大学は入学・卒業をそれぞれ記入します。学部、学科まで必ず記入し、名称は省略せず、正式な名称で書き込むことが大切です。

高校・大学在学中に留学などの経験があれば記入しましょう。たとえそれが数ヶ月間であったとしても、少なからず自己アピールにつながるでしょう。

職歴の書き方

学歴の最終行から一行あけて、「職歴」と記入して書き出します。学歴と同様に記入欄の中央に、「職  歴」と2文字分くらい空けて少し大きめに書きます。

職歴がない場合には「なし」と記入し、ある場合には、社名、部署名、役職名だけでなく、職務内容も簡単に記載した方がいいと思います。

複数の会社経験がある場合も経年順に記載します。職歴の多いことを不利と捉える人がいますが、逆にその中から学んだり習得したことをアピールするといいと思います。

退職理由は「一身上の都合」「会社都合」でもいいですが、相手によくわかるように書いたほうがいいでしょう。学歴・職歴の記載が終わったら、最後に「以上」と記載します。


Copyright (C) 履歴書の書き方・サンプル資料室. All Rights Reserved.