トップイメージ

履歴書の書き方について

履歴書を単なる形式的な応募書類と思っていませんか?友人などの紹介を通じて、短期のアルバイトなどの場合には、ありきたりな文章を並べて、かたちだけ履歴書を提出するだけでオーケーなんてケースはあるかもしれません。

しかしそれが、期間社員、正社員となればなるほど、また会社の規模が大きければ大きいほど、履歴書の重要性は増してきます。

企業によっては、日に何十通、何百通も郵送されてくる履歴書に目を通し、その中の一部の人だけが面接を受けることが許されるというのが現実です。

書類審査という第一関門を突破するにはそれなりの書き方が必要です。数ある履歴書の中にあっても、「こいつは他の人とは違う」「会ってみたい」と思わせる、印象に残る履歴書でなければ意味がありません。

適当に短時間で仕上げたものや、ありきたりな文章を並べたものは、採用担当者にすぐ見抜かれてしまいます。私も最初のうちは、適当に短時間で仕上げていたので、面接すら受けさせてもらえませんでした。

履歴書は自分自身の分身だと思って書くことが大切だと思います。私はこういう人間で、この仕事をどうしてもしたいんだという意欲を、どれだけストレートにアピールできるかが勝負のかぎだと思います。


Copyright (C) 履歴書の書き方・サンプル資料室. All Rights Reserved.